【物件紹介】 幕張サウスコート  広さが自慢!?

ベイタウン不動産+のおすすめ情報

このマンションの特徴

サウスコートの特徴といえば、専有面積の広さを
「売り」として販売されたこと。

専有面積100㎡のマンションといえば、誰もが憧れる理想的なサイズ。
それがサウスコートにおいては普通の広さ。

サウスの住民の間では「100㎡いいな~、うらやましいな~」
という会話が存在しません(おそらく)。

 

また、サウスコートは初期のパティオスタイプとは
違った形で高級感を残しています。

バルコニーの手すりや非常階段、外壁も均一的なものではなく、
細かいところに特徴があり、こだわってるな~と思わせる外観。

個人的には分譲会社である三井不動産らしい
ハイセンスなマンションと思います。

 

前面が公園ですので、南向きの低層階の住戸であれば公園の木々を
借景(しゃっけい)として眺めることができそうです。

もちろん高層階はポートタワーや房総半島が一望できそうです。

余裕のあるお部屋に住むことでで気持ちにもゆとりを
持つことができるかもしれませんね。

 

 

この存在感! 大物の雰囲気を醸し出しています

南側の棟は全面が公園ですので、さえぎるものがありません。
桜や紅葉シーズンにはご自分の庭のように公園の木々を眺めることができます。

階によっては、川と海を両方眺めることができます。
(水の都的な景色が広がるでしょう)


A棟~D棟までありますが、それぞれが別々の外観

それぞれの棟のエントランス

D棟エントランスから入ってみます...

ハーブが香るヨーロッパ風の中庭で癒されるひと時♪

エントランスからのちょっとしたスペースもオシャレです

B棟高層階から見る眺望

きれいな色彩がサウスコートの魅力

おまけ D棟エントランスお正月飾り

外国の住戸のような広々としたマンションをご希望の方にはうってつけです。

駐輪場もしっかり確保されているのも魅力です。

ベイタウン不動産+より

お住まいの方の声

 ★ 居心地よいエントランスと、ハーブやお花が英国風に配置されている中庭が、
  リラックスできるところ。
★  駅から少し遠いけれど、 玄関の目の前にバス停とくすりの福太郎が
  近くにあるのが便利。それと図書館(コア)に近い!
  川も海も楽しめる眺望。 検見川浜方面も歩いて行ける。